Skip to content

単位を小さく区切る!?家賃交渉のコツについて

出来るだけ安く物件を借りたい

賃貸物件は安い物件の方が当然いいですよね。家賃の高い物件を無理して借りてしまうと、どうしても生活費を削らなければならなかったりすることもあります。とはいえ、安くて条件の良い賃貸物件というのは、なかなか見つからないものです。なので、安くて条件の良い珍tない物件を見つけるためには、家賃交渉をするのが最も効率的かもしれません。もちろん、あまりしつこくしてしまうと大家さんの心証も悪くしてしまうことがあるので控えめにするようにしましょう。

大家さんの事情について

とりわけ空室率の高い物件というのは、家賃交渉が成功するかどうかにおいては狙い目の物件ということになります。というのも、賃貸物件というのは、人が住んでくれなければ何の意味もないものなのです。大家さんは家賃によって収入を得るため、とりあえずは入居者を探すことがいちばん大きな課題となるんですね。なので、空室率の高い賃貸物件だと、住んでくれるならと大家さんが家賃交渉にのってくれる確率もより高くなるんですね。

あまり大きな金額は望まないこと

家賃交渉をする際、あまり大きな金額を望まないことも大切です。たとえば、たったの1000円値引きしてもらっただけでも、1年で換算すると12000円もの節約になりますよね。そんな風に広いスパンで考えるようにすると、小さな金額でも大きな利益が得られることがわかるはずです。また家賃だけでなく、たとえば駐車場の費用を無料にしてもらうなどの方法もありますね。そして家賃交渉をするときは、契約することを前提としてやりましょう。交渉したのに契約しないとなれば、マナー違反にもなりかねませんよね。

賃貸管理システムとは、店子からの家賃徴収や各種手数料の振り込みなどを一括管理できるソフトの名称です。