Skip to content

人の心理状態からwebサイトを作り上げる!その考え方とは?

動画などの自動再生のコンテツは極力避ける

インターネットを利用する場合、目的がある物ですが、無意識的に行われている脳の仕組みがありますよ。その働きとは、本文と言う文章を探している物であり、様々な文章の情報を脳の一時的な場所に記憶させ、その内容について比較、検討を行ない、必要でなければその一時的な記憶を消去させ、次の情報を求めて行動に移ります。これは一瞬で行われる物ですよ。自動で再生される動画と言うのは、この脳の作業が出来なくなる可能性があり、出来ないと言うストレスを与える事に繋がります。つまり、自動で再生される動画は、邪魔な情報となり、離脱率を高めてしまうため注意が必要です。

人は知らない事を知りたい欲求がある

ブログなどで日々の生活を公開されている方もいますよね。アクセスが集まらず、テンションが高まらないため、長続きしない方もいるのでは無いでしょうか。インターネットを利用する方の多くは、知らない事を知るために利用する物であり、その知らない情報が知りたい情報でなければなりませんよ。天気やニュースなどもその一つであり、芸能人が行っているブログは、芸能人のプライベートの姿を知りたいと言う欲求があるためです。一般の方が、知らない情報を知りたい内容と言うは、なかなか見つけ難い物ですが、テレビで紹介されている内容を紹介して、独自の目線で、批評をして見る事もお勧めの一つですよ。

人は意外性と期待性を求める欲求がある

人は、どれだけ好きな食べ物であろうとも、そればかり食べていれば飽きてきますよね。人は変化を求める欲求がある物であり、これは意外性の内容です。しかしながら、変化ばかりでは脳は判断する処理が行えなくなり、安定した内容を求める事もあります。これは、期待性の内容であり、web制作を行う場合は、意外性と期待性のバランスが大切になりますよ。webサイトを探している人の多くは、不満などの欲求を抱えているため、まずはその欲求を満たしてあげるために、期待性の内容で初め、次に意外性の内容を伝えますと効果的であり、価値の高いページと判断してくれる可能性がありますよ。

web制作では、様々な技術を取り入れながら制作することによって質の高い仕上がりが期待できますが、専門業者に依頼することで納得のいく仕上がりにすることができます。